• YOUR HOME AWAY FROM HOME

    フィリピンのバギオをまだ知らないと言うならば、多くの忘れられない経験をまだしていないという事になってしまいます。文化的風景や料理等、その様々な要因は一見の価値ありです。バギオに来て初めてフィリピンを話せることも増えてきます。

    Read more »
  • HOTSPOT FOR LEARNING ENGLISH

    バギオシティは20世紀のアメリカ軍の休養の場として栄えました。建築家であり、都市開発者でもあるダニエル・バーナンにより設計された当初、居住者数は30,000人という計画でした。しかしながら月日を重ね多くの人が集まるセッションロードでは、若年層が喫茶店やジョリービー、チキンジョイ等のローカル店舗で勤勉に勉強をしている姿や試験の話をしている姿を見ることが出来ます。更にその上、ローカルの大学に通う韓国、日本、アラブ、そしてアフリカの人々を散見する事も出来ます。

    Read more »
  • GATEWAY TO ENDLESS ADVENTURES

    アドベンチャーは様々なタイプや名前が存在しますが、皆さんのイメージ出来るアドベンチャーの数々はバギオで見つけることが出来ます。バギオは山々に囲まれた場所に位置しますが、間違いなく全ての人がこの町で見つけられるものは何なのか気になると思います。高い山々の頂上に登れると思いますか? 山々やその近くで出来る楽しいアクティビティーがあると思いますか?

    Read more »

バギオ留学体験談(留学生活)

STUDENT REVIEW – BECI ACADEMY

MOMO (AKETA MOMOYO) CAMPUS LADY CAMPUS COURSE  SPEED ESL DURATION 4 WEEKS NATIONALITY JAPANESE LEVEL BASIC2   どうやってBECIを見つけましたか?またBECIを選んだ理由は何ですか? 留学可能な期間が1カ月だけだったので集中して勉強できるフィリピン留学に注目しました。BECIの存在はあるウェブサイトで知ったのですが、1日11コマの授業を受けることができるスパルタコースに魅力を感じて決めました。メインキャンパスに空室が無かったので選択肢はレディスキャンパスしか無かったのですが、レディスキャンパスに来て良かったと思っています。   英語力で最も伸ばせた部分はどこですか? 留学前から心に決めていたのは「たとえ間違えても積極的に喋ろう!」ということ。以前は「どうせ通じないから…」とYesかNoだけで答えを済ませてしまうことも多かったのですが、今回の留学で英語で喋ることに対する前向きな気持ちが生まれました。それが最も改善された部分です。「海外旅行で困らないくらい英語で会話をできるようになる」という目標にも近づけました。   BECIでの学習や生活は期待通りでしたか? 私は今回の留学を通してバギオは特にしっかり勉強できる環境だと感じました。バギオの人は皆こちらの話をちゃんと聞こうとしてくれるので話す機会をたくさんもつことができました。寮も快適で過ごしやすかったです。掃除もこまめに頼め、シーツの交換も定期的にでき、食事も食べたい物や量を自由に選べました。ただ、トイレやシャワーは不便に感じることがありました。