安全を担保できる街バギオ

現在、国の安全性に関してバギオは安全性をしっかりと維持しており、犯罪率や略奪などの犯罪は減少傾向にあります。

ミンダナオ島での戒厳令が宣告されはしましたが、フィリピンでのその他の地域には今の所その他の脅威は確認されていません。この宣言はローカルのテロリストグループなどからの脅威や攻撃をより安定させるために制定されました。

このような事件により、人々は確かに恐怖を抱いたかもしれませんが、バギオシティはテロリストからの安全が最も担保された町です。

歴史的見解的にバギオはイゴロットの戦士達によってスペインからの植民地化を免れた一つの町です。山の地形はイゴロット戦士に取ってのテリトリーであり、その血を引き継いだ現地民がテロからの侵略を守る事でしょう。現地の人々はみなコーディレラの代表として1つとなります。

PHILIPPINES

統計的に犯罪率を軽減させるための目覚ましい活動や運動によって、政府のコミュニティーや人々を守り続けています。そして現在の大統領は田舎の人々にとても親切で適切に現地人の抱える恐怖を軽減しています。

また、町の広範囲にわたり果敢に安全を保全する軍隊によって、様々な犯罪や近年のテロ犯罪が抑圧されています。軍兵たちは突然の戦闘にも備えられています。

International cities

Baguio City takes the lead on safety assurance – Student Survey

BESA加盟校は多くの国から学生を受入しており、高い安全性の維持は我々の手に委ねられているも同然です。安全に生活する事をどこかの機関や組織に一任するのは簡単な事ではありません。バギオシティはそれを保証し、フィリピン全土において、国民や外国から来た学生の自由や平和を妨害する人々に対して厳格に活動しています。

“I will not hesitate to do anything and everything to protect and preserve the Filipino nation”. – President Rodrigo Duterte

Leave a Reply