バギオの安全に関しての報告

フィリピンの大統領であるロドリゴ・ドゥテルテは政府軍とマウテ(Maute)テロリストグループとの戦闘を背景に戒厳令を宣言しました。バシラン、スルそしてタウィタウィを含むミンダナオ島全体は戒厳令地域としてフィリピンの法律で定められました。

この情報を基に、ルソン島及びビサヤ地方は反乱軍や戒厳令の布告されていない事を報告申し上げます。

付け加えて、バギオは方犯罪率の低さからフィリピンで最も安全な地域です。統計によると、バギオは日中旅行において87.04ポイントというレートがあり、より安全な町であると言えます。このレートはバギオは観光者にとってより安全な町であることを示唆しています。

Leave a Reply