TALK – E&Eでの学生の生活

こんにちは。わたしは23歳の大学生です。わたしはTOEICを学習するためTALKを選びました。フィリピンは韓国からも近く、特にバギオは教育水準が高く、勉強の妨げになるものが少なく、勉強に集中できる環境であると思いました。バギオにはたくさんの語学学校がありますが、わたしは友達の勧めでTALKを選びました。一般的にフィリピンでは6月から10月までは雨季です。残念ながらわたしはその時期にバギオに来ました。なので、週末には晴れることを願っていました。韓国と比較してみると、フィリピンではマニラやセブやバギオなどいくつかの都市のみにタクシーが走っています。フィリピン人はどのような交通手段を使っているのでしょうか?韓国では地下鉄、バスを利用しますが、フィリピン人ジプニーを使っています。こちらでは最も人気の公共交通機関で、小さなトラックのようなものです。

TALKには2つの校舎があり、E&Eはマルコスハイウェイに、もうひとつはヤンコストリートに位置しています。どちらも繁華街に近いです。学校スタッフは生徒のために毎日、清掃や食事の提供をしてくれ、わたしのように留学する人間にとっては本当に便利です。提供される食事に関しても満足しています。学校施設は韓国の大学寮と同じで、ハンガーや机、クローゼットなども備え付けてあり、何も用意する必要はありません。

わたしがこちらへ申し込みをした時、 外国人の生徒と一緒の部屋で生活したかったのですが、部屋がすでにいっぱいで、外国人の生徒とは一緒に部屋にはなれませんでした。わたしはここですでに半月ほど滞在しており、あと1週間で帰国する予定です。わたしがここに来た時は環境に慣れるのが大変でした。しかし今はすっかり慣れてしまって、友達や先生方、マネージャーにお別れをすることが信じられません。ここバギオでのお話はこれで終わりです。

最後に、もしあなたがどこであっても、知らない土地に留学するとしたら、決心と自分の意見を持つことが一番大切だと思います。わたしはあなたが目標を達成することを願っています。

jo (1)

Jo

Leave a Reply