BECI – 私の自信を取り戻す

  • 名前: シンディー (KIM SUHYEON)
  • 出身国:韓国
  • コース: セミスパルタ
  • レベル:  BASIC 2
  • 滞在期間 : 24週間

Q: なぜ海外で英語留学をしようとしましたか?

A 私は英語に興味があり大学で英語を専攻致しました。 しかし既に大学では流暢に英語を使い英会話されている生徒がたくさん在学されていたため、この先大学で他の生徒に授業がついていけるかどうか不安でした。その後、韓国で英語の授業を学ばず基礎を海外で学ぶことを両親と決め海外留学を決めました。

Q: あなたはなぜ他の学校ではなくBECI the café に留学しようと決めたのですか?

A メインキャンパスでの生活も興味はありましたが、特にレディースキャンパスでは静かな環境、勉強に集中できる空間があり、女性のみの生活でとても落ち着いていると聞いてレディースキャンパスでの留学を決めました。

Q: レディースキャンパスの強みはどのようなところだと思いますか?

A.キャンパス内には必要な設備が整っていて、生活に不便を感じたことがありませんでした。 学校の食べ物は韓国料理がほとんどで、いつも新鮮な野菜や果物など栄養をしっかり摂れる食事ができて満足しています。毎週行われる料理教室があり、とても楽しくさんかできました。週末のアクティビティも様々あります。 私が何かを提案すると、スタッフや各国のマネージャーたちは学生の視点からすぐに改善してくれたり、考えてくれます。 いつもマネージャーやスタッフの方たちは、優しく接してくれます。また、講師は非常に明るく、いつも熱心に授業を行ってくれます。 入学当初は不安なことがいっぱいありましたが、先生のおかげで私は楽しく授業に参加することができました。 SHY先生はスピーキング力を伸ばしてくれました。 とても感謝しています。

Q:どのような英語のスキルが改善されましたか?

A:スピーキングのエントリーテストでは20点ほどで、今は60点まで上がるほど改善されました。一日中授業があり、毎日先生や他国のシェアメイトと英語を使いお話しをするので、英語を話す機会がたくさんありました。 休憩時間でも、私はできるだけ先生と交流するようにし、自然に英語を話せるうようになりました。 英語環境もあり、支えてくれる人もいてくれたおかげで 私はレディースキャンパスでの6か月間の生活を後悔することなく過ごせました。

Q:BECI the cafe に新しく来られる生徒さんに一言アドバイスをお願いします。

私はアメリカやオーストラリアなどで基本的な英会話ができない人々を多くみてきました。フィリピン留学をしてから他の英語圏である国に行くほうが海外生活にもすでに慣れていて過ごしやすいのとたくさんの現地の人との交流もすぐできやすと思います。その他、自分から学ぶこと、話すこと、積極的になることなど、自分から意見が言える強さも学びました。フィリピン留学はとても英語留学の第一歩としての素晴らしい環境といえるでしょう。

Leave a Reply